読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティングミックス(4P

マーケティングミックス(4P)】

STPを決定した後には、標的市場において目標とした成果を実現するために、企業がコントロール可能なマーケティング要素である「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」の4つのPを適切に組み合わせていきます。このような4Pの適切な組み合わせの検討をマーケティングミックスといいます。

4Pの各要素は、それぞれに計画される場合も少なくありませんが、マーケティング戦略上、重要なのは、2つの意味での適合性(フィット)です。第一には、標的市場(顧客)のニーズや行動とマーケティングミックスの各要素との適合性です。企業は対象顧客に適合するような製品戦略、価格戦略、広告・販売促進戦略、流通チャネル戦略を計画・実行しなければなりません。第二に、マーケティングミックスの4要素間の適合性です。製品コンセプトやポジショニングと矛盾するような価格設定や広告・販促、チャネル選択を行っていては、大きな成果は期待できないでしょう。

 

STPと適切なマーケティングミックス

【実行・分析】

STPと適切なマーケティングミックスを検討し、実行に移しても、必ずしもマーケティング目標が確実に達成できるとは限りません。ターゲットを見誤ったり、ポジショニングに失敗することや、マーケティングミックスの不整合といった、戦略の誤りだけでなく、競合する業界内の他社や、自社の製品・サービスを脅かす存在となる代替品の出現などによる競争環境の変化によりポジショニングがずれてしまったり、消費者のニーズや行動、ライフスタイルの変化によってマーケティングミックスに不整合が生じることも起こりえます。

マーケティング目標の達成に向けては、マーケティングミックスの諸要素それぞれについてKPIを定め、マーケティング戦略の実行後も随時モニタリングしていくとともに、ポジショニングや、セグメンテーション、ターゲッティングについても、定期的に確認し、結果に応じて戦略の見直しや軌道修正をしていく必要があるでしょう。なお、既存製品のポジショニングを変更する意思決定はリポジショニングと呼ばれ、苦境に陥っているブランドの再活性化や低迷しているブランドの躍進を狙って用いられることが多くなっています。

このように、マーケティング戦略においては市場調査(マーケティングリサーチ)から始まり、STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)、マーケティングミックス・・・というステップで実行されます。それではもう1つ、スタジオアリスを事例としてとりあげ、そのマーケティング戦略について概略を示すとともに、成功要因について分析を試みます。

有効なポジショニングを実現するためには


有効なポジショニングを実現するためには、
1.「重要性」
2.「独自性」
3.「優越性」

という3つの条件を満たす必要があるとされています。

自社ブランドのポジショニングを確立し、強いブランドを構築するためには、多くの顧客が重要と考える条件を満たし、他のブランドにはない独自の特徴を有していたり、同じ基準で比較した場合に他のブランドよりも優れている状態を維持することが求められるといえるでしょう。

一般に、後述するマーケティングミックスを展開する前にSTPすなわち、セグメンテーション、ターゲッティング、ポジショニングを決定しておくことが求められます。これは、どのようなターゲットセグメントを想定するかにより、ポジショニングは異なりますし、ターゲット顧客の特性や目指すポジショニングにより、以降に示す4つのマーケティング要素の最適な組み合わせが変わるためです。

 

 


マーケティングミックス(4P)】

STPを決定した後には、標的市場において目標とした成果を実現するために、企業がコントロール可能なマーケティング要素である「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」の4つのPを適切に組み合わせていきます。このような4Pの適切な組み合わせの検討をマーケティングミックスといいます。

4Pの各要素は、それぞれに計画される場合も少なくありませんが、マーケティング戦略上、重要なのは、2つの意味での適合性(フィット)です。第一には、標的市場(顧客)のニーズや行動とマーケティングミックスの各要素との適合性です。企業は対象顧客に適合するような製品戦略、価格戦略、広告・販売促進戦略、流通チャネル戦略を計画・実行しなければなりません。第二に、マーケティングミックスの4要素間の適合性です。製品コンセプトやポジショニングと矛盾するような価格設定や広告・販促、チャネル選択を行っていては、大きな成果は期待できないでしょう。

 

 

ポジショニングとは

【ポジショニング】

ポジショニングとは、見込み客のマインド(心)のなかに、ブランドをどのように位置づけたらよいのか、という課題です。ターゲットとすべき市場セグメントが決定されたら、そのセグメントにおいて占めるべき位置を明確化しなければなりません。こうしたブランドのポジションは、競合関係にある他のブランドと顧客が比較することで抱く知覚や感覚により規定される相対的なものであり、顧客のマインド(心)に対する一連の働きかけにより形作られるものですから、企業側からの働きかけがなければ、顧客は思い思いに勝手にブランドをポジショニングしてしまい、独自の特徴をもつことができず、強いブランドの構築に結びつかなくなってしまいます。