読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有効なポジショニングを実現するためには


有効なポジショニングを実現するためには、
1.「重要性」
2.「独自性」
3.「優越性」

という3つの条件を満たす必要があるとされています。

自社ブランドのポジショニングを確立し、強いブランドを構築するためには、多くの顧客が重要と考える条件を満たし、他のブランドにはない独自の特徴を有していたり、同じ基準で比較した場合に他のブランドよりも優れている状態を維持することが求められるといえるでしょう。

一般に、後述するマーケティングミックスを展開する前にSTPすなわち、セグメンテーション、ターゲッティング、ポジショニングを決定しておくことが求められます。これは、どのようなターゲットセグメントを想定するかにより、ポジショニングは異なりますし、ターゲット顧客の特性や目指すポジショニングにより、以降に示す4つのマーケティング要素の最適な組み合わせが変わるためです。

 

 


マーケティングミックス(4P)】

STPを決定した後には、標的市場において目標とした成果を実現するために、企業がコントロール可能なマーケティング要素である「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」の4つのPを適切に組み合わせていきます。このような4Pの適切な組み合わせの検討をマーケティングミックスといいます。

4Pの各要素は、それぞれに計画される場合も少なくありませんが、マーケティング戦略上、重要なのは、2つの意味での適合性(フィット)です。第一には、標的市場(顧客)のニーズや行動とマーケティングミックスの各要素との適合性です。企業は対象顧客に適合するような製品戦略、価格戦略、広告・販売促進戦略、流通チャネル戦略を計画・実行しなければなりません。第二に、マーケティングミックスの4要素間の適合性です。製品コンセプトやポジショニングと矛盾するような価格設定や広告・販促、チャネル選択を行っていては、大きな成果は期待できないでしょう。